家電ほどとは言えませんが、最近の家具はどんどん進化を遂げています。昔は家具は素材の良さが中心で、一つの家具を長年にわたって使っていく、嫁入り道具として恥ずかしくないように品質の良いもの、親子何代も使えるものを求める傾向にありましたが、今や家具も転居や模様替えに合わせて買い替えを前提として選ぶ時代になっています。
例えばキッチンボードに関していえば、最近の主流はモイス加工とソフトクローズです。モイス加工というのはレンジを置く台の天板に吸湿発散性のいい素材を用いて熱や蒸気に強い作りになっているのです。ソフトクローズは引き出し形式が主流になったキッチンボードですが、その引き出しをポンと押せば勝手にしまってくれる構造になっているのです。引き出しがガンと当らないのでキッチンボード本体に優しく、引き出しの中に収納したものにも優しい耐久性アップと利便性を兼ね備えたつくりになっています。
キッチンボードを選ぶ際のポイントはこの2点なのです。

コメントは受け付けていません。

我が家の家具は、9割方同じお店で買ったものです。というのも結婚するとき
夫は一人暮らしでしたが家具はほとんど持っておらず、私は実家暮らしだった
からです。結婚と同時にマンションを買ったこともあり「えいっ!」と勢いで
同じお店でほとんど家具を購入してしまいました。同じお店で買うと割引も
ありますし、搬入も一度で済んだのでその点はとても良かったです。そして
何より同じお店で同じシリーズの家具を購入したので、統一感があります。
自画自賛ですが(笑)モデルルームのような部屋になりました。ですが難点も
あります。家具は焦げ茶色で統一したのですが、ホコリが目立つんです。。。
ちょっとでも掃除をさぼると、ダイニングテーブルやテレビボードのホコリが
目に付くこと極まりない!なのでマメに掃除をしなくてはなりません。なので
本当にモデルルームのように綺麗にしています(涙)ですが私は専業主婦で
ほとんどを家で過ごすので、綺麗で統一感のある家具に囲まれて生活出来るのは
幸せだと思っています。←本当です(笑)

コメントは受け付けていません。

社会人になってしばらくは、寝るためだけに借りているような小さなワンルームに住んでいました。
もちろん慣れない環境で毎日一生懸命働いて、本当に寝に帰るだけという感じだったので数年はそれでよかったのですが、しばらくすると衣食住をレベルアップしたくなりますよね。
仕事から帰って、少しでも「ホッ」とできる空間があるといいな、と思うようになりました。

それまでは田舎のショッピングモールで買ったような、昭和な雰囲気の布団やテレビ台を使っていたのですが、これではいけない!と思いおしゃれなインテリア屋さんへ。
数軒回り、通販のサイトも見たりして、お気に入りのデザインを見付けたときはとても嬉しかったです。
こういうのって悩む過程も楽しいですよね。
お値段的にはまだまだ駆け出しの社会人には背伸びが必要でしたが、何年も使えるものなので、勇気を出して買うことにしました。

数日後、家に届いた当初はダンボールの塊で部屋が埋まってしまうかと思いましたが、頑張って組み立ててからは快適に暮らせるようになりました。
デザイナーズ家具・ブランド家具の出張買取|兵庫・大阪・愛知で即日対応!

コメントは受け付けていません。

Categories

Blogroll

Most commented

  • None found